読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいご×シルバニア

Hi there! 大好きなシルバニアと勉強中の英語をかけ合わせちゃえ!というブログです♥

At the school 学校にて

Enzo:
Hi there.
おはよーみんなー。
Zell:
Hi. You showed up on time today. It's rare.
I know. Could it be... Something good happened?
おはよー。珍しいな。今日は時間どおりか?
ははーん。なんかいいことあったんだろっ♪
f:id:Garnett:20161219193649j:plain
Enzo:
How could that be?
なんでそーなるんだよ笑
Zell:
How did your date with Garnett go?
ガーネットとはどーなった?
Enzo:
I don't know.
知らん笑
Zell:
Man, let me know if you end up going out with her!
おい!進展あったら教えてくれよー?
Enzo:
Oh, Boy!
やれやれ、、、!

~♪(ピアノの音)

Enzo:
Someone plays a piano...?
お、誰かピアノ弾いてる?
Garnett:
Wow! I'm surprised.
わあ、びっくりした!
f:id:Garnett:20161219193145j:plain
Enzo:
Sorry. Keep your good work.
ごめん、続けて。
Garnett:
~♪
Enzo:
Hey, Garnett. You wanna have a session with me?
I'm gonna make a ballade.
I wanna you to play the piano.
なあ、ガーネット。俺とセッションしない?
今度バラードを書こうかと思っててさ。
ピアノが必要なんだ。
f:id:Garnett:20161219193227j:plain
Garnett:
Me?
わたしが?
Enzo:
Yeah. It's a session.
There's a Christmas music event, so you wanna join together?
そう。セッション。
今度、クリスマスの音楽イベントがあるから、それに一緒に出ようぜ?
Garnett:
No way! I can't do that.
まさか!そんなのわたしにできるわけ、、、
Enzo:
No worries. You can do it.
You wanna see what you can do, right?
大丈夫。君の腕ならできる。
それに、、、自分の力を試したいんだろ?
Garnett:
Yeah...that's true,but...
そうだけど、、、
f:id:Garnett:20161219193110j:plain
Enzo:
Okay then, I'll bring you the score as soon as I made it.
じゃあ、楽譜できたら渡すな!

***************************************************

前の記事のとおり、エンゾ君、ギタリストでありボーカリストでもあります。
ゼルは彼のギタースキルがどうのこうのと言っていましたが、彼の本分は実はボーカルです。

声が超魅力的という設定です。。。笑

そしてなかなか他の住人を登場させれない😅
またガーネットとエンゾの話になっちゃった。
秀才設定のカンガルーちゃんと、学園のアイドルわたうさちゃんも近々出したいです😝

ちなみに、、、お気づきの人もいらっしゃるかと思いますが、冒頭のガーネット飛び降り未遂の記事に出てるチャコールネコちゃんと、それ以降のチャコールネコちゃん、耳の柄が違います。
別人やんけと思うかもしれませんが、同じ人物っていうことにしてやってください😅笑

それでは!
Stay tuned!!!😜