読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいご×シルバニア

英語でシルバニアストーリーをご紹介

Unexpected meeting again 予期せぬ再会

次の日、、、

学校に向かうエンゾ。初日から早速遅刻です、、、😅

しかも制服着てないし、、、😅

(まぁ制服がないのは予算の都合なんですが、、、😅)

************************************

f:id:Garnett:20161216134151j:plain

Enzo:

Hey, am I late?

おはよ、俺遅刻??笑


Zell:

You're late again! You're so late!

おはよーじゃねー!遅刻だ!完全に!


Enzo:

I didn't sleep well yesterday. I'm sleepy.

昨日寝れなくてさ。ねみ〜😪 

f:id:Garnett:20161216134402j:plain

Zell:

Come on, Enzo. We have a new classmate, and she's so beautiful!

だらしねぇな。エンゾ、それより転校生だぞ。しかも超かわいいの!


Enzo:

Wow, I gotta watch her now!

!!!

Oh...Amazing...!

なにっ?!それは一見の価値あり、、、

!!!

まじかよ、、、!


Zell:

Oh, you know her?

何、知り合い?


Enzo:

Yeah.Kind of.

まぁそんなとこかな。


Mr. Mark(シカ先生):

Enzo, I've totally found out you.

I'll keep you in after school.

Anyway...

Garnett, can you have a seat next to him?

I'm gonna arrange your seat now.

エンゾ、しっかりバレてるぞ。

今日は居残りな。

というわけで、、、

ガーネット、あいつの横に座ってくれるかな。今席を用意するから。

f:id:Garnett:20161216135327j:plain

Garnett:

Yes, Mr.Mark.

はい、マーク先生。


Enzo:

Why are you here?!

なんで、、、?!


Garnett:

Oh, I shouldn't come to school, should I?

あら、わたしが学校に来たらだめ?


Enzo:

No, I didn't mean it!

そーじゃないけど!

f:id:Garnett:20161216135405j:plain


Garnett:

I want to thank you for what you did. Not just for...for pulling me back. But for your discretion.

お礼が言いたかったの。ほら、、、助けてくれたじゃない。その、、、引っ張ってくれたことだけじゃなくて、、、。


Enzo:

You're welcome, Garnett.

ああ?それはどういたしまして。


Garnett:

Well...I'd like to talk to you again. また、、、話したいな。いろいろ。


Enzo:

!!!😳


********************************

エンゾ、まさかの学校でガーネットと再会!

ありがとうと言われたけど、、、


これからどうなるんだろー?!


Stay tuned!!!😜